これがデリケートゾーンのかゆみ解消法

実は、女性の約2人に1人は、
デリケートゾーンのかゆみを感じているのは、ご存知でしょうか?

かゆみの原因は、さまざまですが、
一番多いのは、やはり汗や、おりものなどの分泌による、トラブルです。

しかし、ちょっとしたケアをすることでトラブルを解消できますので、
その方法をお教えいたしましょう。

・通気性のある下着をつけましょう。

綿素材のショーツがおすすめです。
また、おりものなどで汚れた場合は、まめに替えると良いでしょう。

・ゆったりとした、ジーンズ・パンツを履きましょう。

できるだけ、デリケートゾーンを圧迫するような、ガードル、ジーンズ、パンツは避けましょう。

・生理用品はこまめに。

ナプキンは、湿気がこもってムレやすく、細菌が増えやすい環境でもあります。
こまめに、取り替えて清潔を保ちましょう。

・清潔を心がけましょう。

一日の汚れは、入浴時に丁寧に洗いましょう。
その際ですが、膣内は自浄作用がありますので、ボディーソープで洗ったり、ゴシゴシ洗ったりせず、
優しく洗い流すようにしましょう。

そして、ストレスをためないことも心がけましょう。
ストレスは、体の抵抗力が落ち、かぶれを含み、様々なトラブルを起こします。

なるべく、ストレスをためず、上手に気分転換できると、良いですね。
ちょっとした、工夫と知識でかゆみから開放されることができます。

日ごろから、心がけてあげることが大切です。

これがくびの解消法

冬なんかは特に、タートルネック、マフラーなどが原因で痒くなることが多いですね。

その他にも、普段の衣類が原因で痒くなったり、また、違和感を感じてしまうことも。

これは、肌が敏感なのが原因ですが、
他にも、肌の乾燥が原因で痒みを引き起こしてしまう場合もあります。

肌が敏感な場合は、皮膚への刺激を少なくするために、
綿や出来るだけ、肌に優しい素材のものを選ぶことで、
生地による刺激から守ることができます。

そして、肌が乾燥しているのが原因であれば、
肌からの水分蒸発を防ぐことが大切です。

そのためには、保湿剤を使ったスキンケアが有効です。
保湿剤にも水分の蒸発を防ぐもの、水分を保持するものがあります。
大切なのは、皮膚を正常に戻し、水分を保持することにあります。

そして、これらの原因をつくっているのが、アトピー性皮膚炎です。
つまりは、アトピー性皮膚炎であると、敏感肌や、乾燥肌になりやすいのです。

もし、アトピー性皮膚炎での炎症がある場合は、炎症をおさえる薬として、
ステロイドや免疫抑制薬があります。

これが顔のかゆみ解消法

顔の痒みには、様々な原因があるようですが、
原因がわかると素早く、対処することができるので、
痒みを感じたら、まずは原因を探ることが大切です。

まず、女性でしたら化粧品が原因ということが多いです。

肌に合わない化粧品を使っていると、顔に痒みを感じることがあります。
ですので、出来れば目立たない部分にて、肌に合っているかどうか試すと良いでしょう。

また、空気の乾燥によってもかゆみは起こります。

空気が乾燥していると、肌内の水分が蒸発し、顔の痒みがおきてしまうことも。
空気が乾燥する季節は、保湿にも充分に気をつかいましょう。
保湿するのに一番効果的なのは、お風呂に上がった後、5分以内だそうです。

そこで一つポイントなのは、濡れた体を自然乾燥させると、
余計にお肌が乾燥してしまうので、できるだけ素早く
タオルで水気をふき取るようにしましょう。

これがあせもの解消法

どうして、あせもができるのでしょうか。

それは、大量に汗をかいて、皮膚の中にたまってしまうことが原因です。

たまった汗により、水ぶくれが生じたり、痒みを伴う赤いブツブツができるのです。

しかし、体温調節をするには汗をかくことは大切ですし、
老廃物を体の外に出すということもしてくれます。

ですので、汗をかくことがいけないのではなく、問題は、汗をかいた後のスキンケアがとても大切です。
汗をかいたら放置せず、まずはシャワーで洗い流したり、清潔な濡れタオルで、こすらないように優しく汗をふき取るようにしましょう。

さらに、汗をかきやすいときには、吸収性の高い木綿や、
速乾性のある素材の使ったものを着用するなど、衣類にも工夫をすると良いでしょう。

まずは、予防することが大切ですが、もし出来てしまったら。

早い段階でのスキンケアに、塗り薬による治療を行いましょう。

掻きすぎて、皮膚を傷つけたり、化膿させたりしないようにしましょう。

市販の薬などを使っても改善されない場合は、早めに医療機関を受診することが必要でしょう。

痒みを放置するとデリケートゾーンはどうなる?

突然、デリケートゾーンの痒みに襲われることがあります。
それが、街中で歩いているときであったり、寝ているときであったり、
痒みだすともう我慢できません。我慢していると、余計に痒くなり、
冷や汗が出てくるときもあります。

かといって、なかなか人に相談することもできず、病院に行くのも恥ずかしい。
しかし、このまま放置しているのも不安ですよね。

そこで、デリケートゾーンの痒みはどうして起こるのか調べてみました。

まず、一番多い原因はムレによるものです。

湿度、温度の高い条件において、雑菌が繁殖しやすくなります。

また、痒いからといってお手入れを間違えると、
さらに痒みは増して悪化させる原因にもなります。

痒みがもし、ムレや湿気だけの原因であれば、通気性の良い下着を着用するなど、
その原因をつくらないようにすれば良いのですが、
中には病院に行ってきちんとした治療を行わないと、治らないケースもあります。

その代表的なものを、まとめてみました。

■カンジタ膣炎■

真菌の一種で、カンジタ菌というものが、膣の中で繁殖することにより起こってしまう病気。
症状としては、カッテージチーズのような白っぽいおりものがでる
外陰部に強いかゆみを感じるなどです。

カンジダ菌は普段から膣、気管支などにすみ、性感染だけでなく、体力が低下した時や、
抗生物質の服用した後によっても発病します。

■単純性膣炎■

体の抵抗力が落ち、膣の自浄作用が弱くなったとき、
どこにでもいる一般細菌、大腸菌やブドウ球菌などが増えて発病します。

おりものでいうと、茶褐色や緑色のものが増え、さらに悪臭を伴う場合もあります。

痒みはそれほど強くなく、外陰部がただれたり、赤く腫れたりします。

■トリコモナス膣炎■

感染は、トリコモナス原虫によって引き起こされます。
症状としては、強い匂いの黄緑色の泡立ったおりものが出たり、

性交時、排尿時においても不快感、陰部での刺激やかゆみがあります。
まれにですが、下腹部痛が起こる場合もあります。

感染は、主に性交によって感染しますが、お風呂場、トイレなどでも感染するので、
性交未経験者にもみられます。

ベスト3デリケートゾーンの痒みの原因

人にはなかなか言えないデリケートゾーンの痒みですが、
2人に1人はデリケートゾーン(陰部)に痒感じているのです。

では、どのようなとき?またどんな風に痒くなるのでしょうか。

デリケートゾーンの痒みですが、さまざまな原因があります。

汗やおりものなどの分泌により、いつもより湿っているという状態においても、
かゆみなどのトラブルは起きやすいものです。

しかし、そのまま放置してしまったり、病気かもしれないと悩んでしまったり、
人にはなかなか言えないものですよね。

けれど、かゆみの原因がなにかは女性であれば知っていた方がよいことですよね。

その1.ムレによる痒み

汗をかいたり、またデリケートゾーンの不快にも耐え、
仕事を優先してしまったり、とくに女性は経血で汚れたまま放置、
ナフキンをこまめに替えないことでかゆみ、ムレの原因にもなります。

また、生理中臭いが気になるからとあえてパンツを履くことでスカートよりも通気性が悪く、
ムレとかゆみの原因にもなります。

その2.ガンジタ膣炎

この病気は、とてもポピュラーな疾患です。症状としては、おりものの異常やかゆみで、
酷くなるとヒリヒリと痛くかゆくなる病気です。

症状としては、おりものが白または黄色でカッテージチーズのような感じになります。

しかし、これは性感染ではなく、寝不足による免疫の低下、ストレス、抗生物質の服用などによっても起こってしまう感染症です。

その3.女性ホルモンのが減少する

女性のホルモンが低下すると、デリケートゾーンの潤いが不足します。
そのため、カサカサした状態になり痒くなったり、時には出血することもあります。

デリケートゾーンの痒みですが、婦人科外来でも訴えが多い症状の一つです。
上記の他に、痒みの原因はいろいろとあげられます。
またそれが原因の病気もいろいろです。

自分で勝手に判断して、市販の薬を使用することで症状をさらに悪化する場合もあります。

女性であれば、デリケートゾーンは常に清潔に保ちたいものです。

そして、痒みが出たら原因をつきとめ、はやめに対処方法、婦人科を受診することが大切です。

ベスト3くびの痒みの原因

私は、寒い冬場なんかはもちろんのこと、夏場でもよくタートルネックの服をよく着ます。
すると、特に夏場なんかは汗をかいてしばらく時間がたってしまったり、
冬でも暖房が入っている電車の中や、部屋の中にいて汗をかいてしまったり、首の中が蒸れてしまったりすると、
首の辺りがチクチクと痒くなりとても不愉快になってきます。

しかし、これらに関しては原因がはっきりしているので良いのですが、
それ以外にも首の痒みの原因というものはあるのでしょうか。

さっそく、探ってみることにしました。

ベスト1:痒みはあせもが原因

あせもとは、かゆみを伴う赤くて小さなブツブツです。
汗をかきやすい夏場だけに発生しやすいかと思われがちですが、
実は、冬場においても大量の汗をかくことがあり、それが原因であせもは発生します。

あせもが出来る原因として、大量に汗をかくことで、汗腺がふさがってしまいます。
それによって、皮膚の内部に汗が染み出し、炎症を起こしてしまうのです。

汗をかいたら、なるべく早く汗を拭き、
清潔にすることで痒みを防ぐことができます。

とくに、子どもは大人より新陳代謝が活発なため、このような肌のトラブルが起こりやすい傾向にあるので、
まめに汗を拭く、着替えるなどすることが大切です。

ベスト2:痒みは乾燥が原因

首の皮膚は薄く、とても乾燥しやすいです。
その為、かゆみを引き起こしやすく、さらに乾燥が進むことで、乾燥性敏感肌になってしまいます。

マフラー、タートルネックなど首に触れる衣類、また髪の毛も刺激になってしまうので、
衣類に関しては、肌に優しい肌触りの良いもの、髪の毛は、束ねるなど工夫すると良いでしょう。

その3:痒みは湿疹が原因

症状はあせもと非常によく似ています。
しかし、できてしまう過程が違います。
あせもは、内部からの刺激(汗)によってですが、
湿疹は、アクセサリー、化粧品、衣類などなどの外部からの刺激により皮膚が炎症を起こすことです。

これが顔のかゆみ解消法

顔の痒みには、様々な原因があるようですが、
原因がわかると素早く対処することができるので、痒みを感じたら、まずは原因を探ることが大切です。

まず、女性でしたら化粧品が原因ということが多いです。
肌に合わない化粧品を使っていると、顔に痒みを感じることがあります。
ですので、出来れば目立たない部分にて、肌に合っているかどうか試すと良いでしょう。

また、空気の乾燥によってもかゆみは起こります。
空気が乾燥していると、肌内の水分が蒸発し、顔の痒みがおきてしまうことも。
空気が乾燥する季節は、保湿にも充分に気をつかいましょう。

保湿するのに一番効果的なのは、お風呂に上がった後5分以内だそうです。

そこで一つポイントなのは、濡れた体を自然乾燥させると、
余計にお肌が乾燥してしまうので、できるだけ素早くタオルで水気をふき取るようにしましょう。

ベスト3あせもの原因

かゆみを伴った小さな赤いブツブツができることがありますが、これをあせもといいます。
乳幼児によくみられますが、汗をたくさんかく大人にも症状は出ます。

あせもの原因ですが、大量に汗をかいたとき、汗が皮膚の中にたまってしまうことです。

汗管とうい管状の腺から、分泌される体液が汗です。
皮膚の真皮の奥深くに汗腺があり、そこから汗管という汗の通路が伸び、体表面のある汗孔と呼ばれている出口に通じます。
たまった汗が、皮膚の下にある汗管の周りの組織に漏れ出し、水ぶくれが生じたり、炎症を超すことで、痒みを伴った赤いブツブツができるのです。

そこで、あせもは「汗疹(かんしん)とも呼びます。
できやすい場所は、汗が乾きにくい部分で、頭、額、首、肘の内側、脚の付け根、お尻、膝裏などです。
乳幼児は、おむつで覆われている部分もできやすいです。

そして、あせもは3種類あるのはご存知でしょうか。

通常だと、あせもと聞くと、小さな赤いブツブツができて痒みを伴うものをイメージしますが、
これを、紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼びます。

もう一種類、水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と呼ばれるものがあり
ます。
これは、赤みやかゆみは伴いません。
皮膚表面に、1~3mmほどの透明、あるいは白っぽい水ぶくれができます。

皮膚表面の近いところに汗がたまりできるので、
症状が軽く、自覚症状がないので気づかないことがあります。

もう1つは、深在性(しんざいせい)汗疹という皮膚の深い部分で起こる白っぽく、
扁平な丘疹もあり、亜熱帯などに多く、日本ではあまり見られることはありません。

以下、あせも原因ベスト3にまとめてみました。

原因1:紅色汗疹(こうしょくかんしん)

小さくて赤く、痒みを伴うブツブツしたもので、大量に汗をかき、
汗が皮膚の中にたまることが原因でできてしまう。

原因2:水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

皮膚表面の近いところに汗がたまりできるもの。

原因3:、深在性汗疹(しんざいせいしっしん)

汗疹という皮膚の深い部分で起こるもので、
日本では見かけることはあまりない。

痒いのはなぜ?皮膚の構造はこうなっている!

まずは、皮膚の構造について勉強してみましょう。

皮膚は、大きく分類すると、一番上に表皮、その下に真皮、そして皮膚組織の3層からできています。
皮膚はからだ全体を覆っているだけでなく、各層にはそれぞれ特有の構造、
働きがあり、それは、生きていく上で欠かせません。

それでは、各層について詳しく説明していきましょう。

・表皮は、角質層、顆粒層、有棘層、基底層
の4層からなっていると言われていますが、手のひら、足の裏などは透明層という部分を加え5層となっているところもあります。

最も外側にあり、厚さ0.2~0.3mmの薄い層にあたり、紫外線、細菌などの外からの刺激から肌を守ってくれます。
そして、水分を保つ働きもしてくれます。

肌といえば、一般的には、この部分をさします。
そして、表皮は常に新しい細胞が作られており、

その周期は28日周期で生まれ変わると言われております。(それをターンオーバーとも言います。)

しかし、様々なトラブルにより、このリズムが変わり肌の健康が損なわれることもあります。
表皮の最も内側には、メラニン細胞というものがあり、皮膚の色を濃くする色素を作っており、紫外線を吸収することで、皮膚の色を変えてしまいます。

・真皮は、3層構成の中間部分にあたり、皮膚の95%にあたります。
線維組織と弾性組織からなり、そのほとんどはたんぱく質のエラスチンとコラーゲンからなっています。

この層の水分を保つことにより、皮膚に弾力性と強さを与えます。
皆さんがよく聞く、ヒアルロン酸とはこの間の基質成分のことで、保湿機能を持っています。

真皮内には、神経や毛根、皮脂腺、汗腺、毛包、血管、リンパ管があると言われています。

・皮膚組織ですが、真皮の下にあって、大分が皮下脂肪によってできています。
脂肪を蓄えることによって、エネルギーをつくり出します。
体温を保つことで、外部からの衝撃を和らげるクッションの役割をしてくれます。

そして、痒みですが、その部分を思わずかいたり、こすったりしたくなるような不快な皮膚感覚のことをいいます。

起こる詳しいメカニズムはまだ、分かっていません。

皮膚には圧感、触感、痛感、温感、冷感を感じる感覚受容体があります。
これらとは別に、かゆみとは独立した皮膚感覚で、独自の受容体があるといわれており、その場所は表皮と真皮の接合部であるとされています。

このかゆみの受容体に刺激が加わることにより、その情報が脳に伝えられ、かゆいという感覚が生じてきます。

また、痒みを起こさせる刺激に、物理的刺激、化学的刺激、心理的刺激があります。

・物理的刺激には、毛や山芋等による機械的刺激、通電による電気的刺激、温熱刺激、寒冷刺激などがあげられます。

・化学的刺激においては、痒みを引き起こす物体が体内で作られる場合は、その物質は肥満細胞から分泌されるヒスタミン、神経伝達物質の神経ペプチドなどで、体外からは、蚊や蚤の唾液、ウルシなどの植物が原因となります。

・心理的刺激とは、痒いと思えばますます痒く感じていくことをいいます。

掻く刺激が脳に伝わると、その刺激の一部が逆行的に神経の末端に伝えられ、神経ペプチドを放出させます。

この神経ペプチドは、肥満細胞を刺激する作用があるので、さらにヒスタミンが分泌されることにより、「痒いから掻いてしまう」といった刺激によって、神経ペプチドを放出させ、ヒスタミンの分泌を促し、さらに痒みが拡がるという悪循環が繰り返されます。

=まとめ=

各組織が故障することで、いろいろな症状が皮膚にあらわれます。

皮膚を構成する各組織を正しく機能させることによって、

からだ全体を守る役立ちをするのです。

return top